recruit

社員インタビュー


高橋 玲奈セールスアシスト事業本部 フィールドアシスタントディレクター

なりたい自分があるなら必ず活躍出来る会社だと思います。

高橋 玲奈

①今どんな仕事をしてますか?

入社当初はコールセンターで受信の業務を行っておりましたが、ひとつのステップアップとして今は新規案件先である企業様の元、発信の業務を行っております。日々様々な質問が返ってくる受信業務と、毎日積み上げた数字が色濃く反映される発信業務。その両方を経験出来るのはとても貴重な事ですし、今後コーディネートを行う様になった時必ず強みになると思っております。

②これまでの失敗談を教えて下さい

現場内でもコミュニケーションを取らなければと思い、業務中にスタッフさんと受け答えをしていたのですが、それを先方から雑談していると指されてしまった事があります。実際、クレーム対応等を行う方が近くにいる場で軽率な行動でしたし、コミュニケーションを取るタイミングの配慮が足りていなかったと思いました。

③その失敗をどう乗り越えたか教えて下さい

その時注意を受けたのは私でなく先輩社員の方でした。先輩に指摘されるまで自覚のなかった私は、周りへの見せ方の工夫というのも大切なことだと学ぶことが出来ました。どう見せたか、だけではなくどう見られたかが結果として残る事を認識し、メリハリを意識した業務を行いました。

④失敗を通じて自分がどうなりましたか

自分がどういう立場で、どういった姿を見せていかなければならないのかという事を客観視出来るようになったと思います。スタッフさんにとって、ただ楽しいだけの現場を作るのではなく、メリハリのある雰囲気を作る事も仕事である、という当たり前の事に気が付くことが出来ました。

⑤今後の目標

沢山の人と関わる上で、言葉の重みが分かる存在で有りたいと思います。言うべき事と言わないべき事の線引きや、伝えるトーンとタイミング、言葉の選び方で相手の受け取り方には差が出ると思います。相手がどう受け取るか、という事を意識した発言が出来るよう、そして言われた事に対してはその意図を感じ取れるような人財になります。

⑥入社をお考えの方へ一言!

やる気があれば、そしてそれを見せていくことが出来れば、必ず評価して貰えるのがヒューマンライジンです。今、仕事や自分に物足りなさを感じていませんか?なりたい自分があるなら必ず活躍出来る会社だと思います。是非、ご入社をお待ちしております!

鈴木 唯セールスアシスト事業本部 人材コーディネーター

双方の架け橋となるのが人材コーディネーターです。

鈴木 唯

①仕事のやりがいを教えて下さい。

求職者の方とクライアント企業、双方にとって良いご紹介が出来た時にやりがいを感じます。登録に来るスタッフさんと企業様は私たちにとってはどちらもお客様なのでお客様から感謝されるようなご提案に至った時はやはり嬉しいですね。

②これまでの失敗談を教えて下さい。

スタッフさんにお仕事をご紹介したものの、入職日の待ち合わせにスタッフさんが来ない…何度もありました。自身のコーディネートの詰めが甘かったな、と感じました。

③その失敗をどう乗り越えたか教えて下さい。

正直、未だにある事なので乗り越えたかどうかは分かりません。面談時の説明が足りなかったのか、どこかで入職に対して不安を感じていたんだろうかと振り返る事は今でも大切にしています。

④失敗を通じて自分がどうなりましたか?

面談して終わりではなく、本当に大切なのは入職日までのフォローなんだと痛感しました。あくまで面談はコーディネートの入り口でしかない、と思うようになり入職後のフォローにも気を配れるようになりました。

⑤心に残る上司の一言は?

『コーディネーターは愛嬌』1時間ほどの限られた時間の中で初対面の相手にあれこれ話すことって抵抗ある人も多いと思います。 しかし、良いご紹介ができるように出来るだけたくさんのお話しを聞かせて欲しいです。話しやすい人間になるための愛嬌!大事にしています。

⑥入社をお考えの方へ一言!

お仕事を探している人、働く人を探している会社、双方の架け橋となるのが人材コーディネーターです。 誰かの為に頑張れる方、サポートしたい気持ちがあれば弊社ヒューマン・ライジンでその情熱を注いでほしいと思います。 もちろん大変な事も沢山ありますが、それを乗り越えて仕事を楽しんでいる社員がここにはたくさんいます。あなたがその一員になる日を、社員一同心待ちにしています☆

利田 美里セールスアシスト事業本部 札幌支店 フィールドアシスタントディレクター

リアルタイムでクライアント様とスタッフ様のニーズに対応できる仕事です。

利田 美里

①今どんな仕事をしてますか?

派遣先で、派遣スタッフさんと一緒に業務を行いつつ、時には、お仕事のご相談に乗ったりしてます。また、クライアント様のご希望をリアルタイムでヒアリングし内勤メンバーと連携を取りながらクライアント様のニーズにお応えしてます。なにより、リアルタイムでクライアント様とスタッフ様のニーズに対応できるので、それぞれの反応を見ることができ、ご期待に添えた時は大きなやりがいを感じます。

②これまでの失敗談を教えて下さい。

クライアント様の求める求人像に答えられなかったことです。以前、私が面談させて頂いたスタッフ様をクライアント様に紹介させて頂いたときに、 私が思っていた認識とクライアント様が思っていた求人像に大きく差異があり、結局スタッフ様はすぐに辞めてしまいました。そのことでクライアント様にもスタッフ様にも両方に迷惑をかけることになりました。

③その失敗をどう乗り越えたか教えて下さい。

自己判断ではなく、自分の認識している求人像がクライアント様が求めている求人像と一致しているかを以前よりも上司に相談するようなりました。 相談する事で認識相違を降らすことができ、クライアント様が求めている求人像がより明確に分かるようになりました。

④失敗を通じて自分がどうなりましたか?

少しでも不安なことがあればすぐに相談をするようになりました。クライアント様、スタッフ様が求めているものが、少しずつですが分かるようになり自信をもって紹介できるようになりました。

⑤今後の目標

自分がお仕事を探しているとき、年齢等からなかなか仕事が見つからなかったことがありました。同じ境遇の方々、悩んでいる方々に一人でも多くお仕事に紹介できるような人材派遣コーディネーターになりたいです。

⑥入社をお考えの方へ一言!

みなさん優しくとても明るい方々ばかりなので、相談事があると自分の様に考えてくれて多くのアドバイスを頂けます。また、自分の意見を尊重してくれるのも一つの魅力です。 何かチャレンジをしたい方や自分の主張しやすい環境で働きたい方、是非一緒にヒューマン・ライジンで働きましょう!入社お待ちしております。

比嘉 匠セールスアシスト事業本部 札幌支店 管理職

「若さ」「速さ」「積極性」を実感できる企業です。

比嘉 匠

①仕事のやりがいを教えて下さい。

私は、人生の中で「働く」ということは、大変重要な事と考えています。そんな重要な「働く」について相談に来ていただいたスタッフさんにスタッフさん自身に合ったお仕事だとスタッフさんが実感して「ありがとう」といわれた時に一番やりがいを感じます。

②これまでの失敗談を教えて下さい。

重要書類の提出期限を超過したことです。 先方企業様から、期限付きで提出を依頼されていました書類を、私の確認漏れで、提出が遅くなり先方企業様にはもちろん 当社にも提出のために処理を急がせてたりなど、たくさんの方にご迷惑をかけてしまいました。

③その失敗をどう乗り越えたか教えて下さい。

確認漏れが発覚した際に、先方企業の担当者様と上長へ報告し、どのような対応をするのか確認の連絡を密に取る事で対応しました。その結果、なんとか解決は出来ました。また、次回同様の事が無いよう改善策についても上長に相談し、解決策を一緒に考えてもらいました。

④失敗を通じて自分がどうなりましたか?

当然の事かもしれませんが、「確認」する事と作業に期日を付けて行う事の大切さを実感しました。期日を付ければ自然と作業進捗を「確認」出来るので、一番有効だと実感しました。

⑤心に残る上司の一言は?

研修中の派遣先で就業していた期間に、業務がうまくいかず、落ち込んでいた時期があり、上司に相談した時に「負けたとしても、負け方が大事」とアドバイスを頂きました。失敗を失敗のまま終わらすのではなく、失敗しても次につながる様に立ち回るようにということでした。今でも私に強く心に残っている言葉です。

⑥入社をお考えの方へ一言!

世間には、たくさんの人材サービスの企業様がありますが、当社は、「若さ」「速さ」「積極性」を実感できる企業です。仕事に刺激の欲しい方はまさに当社で働く事の楽しみを実感できると思います!

板倉 真乃ビューティーサロン事業部

やってもいないのに無理と決めつけるのも良くないと思い挑戦しました。

板倉 真乃

①入社したきっかけを教えて下さい。

求人情報に記載されていた「文化祭の準備が好きな人」この言葉に惹かれ入社しました。企画運営と聞くと私には無理かなと思いましたが、やってもいないのに無理と決めつけるのも良くないと思い挑戦しました。

②仕事で大変な事はなんですか?

重たい荷物を持つことです。思っていたより鍛えられます!

③仕事の楽しさはなんですか?

定期的に開催している施設に訪問した際、入居者様の元気な姿を見れたり、楽しくお話ができることです。

④今後どうなりたいですか?

指示がだせる人間になりたいです。優柔不断や不安な所も多々あるので。決断するときはしっかりと!

⑤心に残る上司の一言

【失敗を恐れるな】間違ってたらどうしようと不安は誰にもつきものです。最初は誰だって上手くいかないものです。誰かと比べたりせず自分らしく頑張っていこうと思います。

土肥 行介新規開発事業本部 ヒューマンリソース事業部

「繋ぐ」という事を意識して、
後に続く人達を一人でも多く育てていきたい。

土肥 行介

① 今どんな仕事をしていますか?

主に新入社員の採用と教育を担当させて頂いてます。わが社は未経験からスタートする方が大半なので、「仕事うまくやっていけるのかな・・・」や「先輩社員とうまく付き合っていけるかな・・・」といった不安を抱えて入社してくる方がほとんどです。なのでまずはそういった不安を解消し、1人1人の個性を活かした上で、「人材」から「人財」へ成長できるように背中を押してあげる事を日々心がけています。

② これまでの失敗談を教えてください

コーディネート職のころですが、人の顔と名前が中々覚えられず、ご就業頂いているスタッフ様へのご案内やフォローが至らず、ご迷惑をお掛けしてしまいました。

③ その失敗をどう乗り越えたか教えてください

とにかく話す事、些細な事でもいいのでその日に顔を合わしたスタッフ様へは何かしら声がけをし、コミュニケーションの機会を増やす事で一人一人しっかり覚えて、自然と顔と名前が一致するように癖付けを徹底しました。

④ 失敗を通じて自分がどう変わりましたか

自然と名前と顔が一致するようになった頃から、自分自身もスタッフ様に覚えて頂ける様になった事を実感致しました。それを初対面のお客様に対していい印象を持って頂けるよう活かしていきたいと思っています。

⑤ 今後の目標

「繋ぐ」という事を意識して、一人でも多く後に続く人達を育てていきたいです。組織が大きくなったから人を増やすのではなく、人が増えてきたから組織を大きくしなきゃ!といったくらいに、「人」という部分に厚みを持たせていきたい。そのためにできる事を精一杯やっていきたいと思っています。 「採用」と「教育」の事業部である事を念頭に、どんどん仲間を増やしていきたいですね。

⑥ 入社をお考えの方へ一言

未経験だからといって動きだす事をためらってはいけません。未経験だからこそ思いきって飛び込んでみる事が大事なんです。 スキル、経験関係なく、たくさんのチャンスに溢れている会社です。活かすも殺すも自分次第です! まずはチャンスを掴みにきてみませんか? ほんの少し勇気をだして飛び込んでみませんか? その決断ができたなら、もう立派なわが社の仲間です!一緒に働ける日をお待ちしております!

鈴木 雄馬セールスアシスト事業本部 管理職

積み上げた結果や実績が、
そのまま自分に跳ね返ってくる会社です。

鈴木 雄馬

① 仕事のやりがいを教えてください

大きな案件をこなした時など、成果や結果を出した時に一番のやりがいを感じます。 以前は個人として目の前にある目標に対してでしたが、今、1つの部署を持たせて頂いてからは、仕事をしていく仲間と喜びを共有する事ができ、それが一番のやりがいになっています。

② これまでの失敗談を教えてください

お取引先で大規模なコールセンターの採用が必要になった際に、必要人数に合わせて採用スケジュールを試算し、提案させて頂いたのですが、まったくその通りに採用が出来ず、大コケしてしまったことがあります。

③ その失敗をどう乗り越えたか教えてください

誠心誠意、まずは謝罪をさせて頂きました。大規模な採用ということもありかなり怒られてしまいましたが、それで終わりでは嫌なので、出来ることはなんでもしました。穴埋めで自ら一人工として現場に入る事はもちろんですが、登録会の開催日数もコーディネートと相談し調整したり、再度採用見込みを試算しなおした上でチャンスを頂き、リベンジを果たす事が出来ました。

④ 失敗を通じて自分がどう変わりましたか

どうにもならない事ももちろんありますが、状況が厳しい事がわかった段階で、事前に状況を共有することの大切さと、その段階で何なら出来るかを考えて行う事を理解しました。基本的な事かもしれませんが、僕が身をもって理解したのはその失敗があってからです。それからはお客様へも社内の仲間にも情報共有の仕方は変わりました。これもコミュニケーション能力のうちの大切な1つだと思います。また、こんなに怒られたのは後にも先にもこの1度きりですが、そのお客様とは今でも深いお付き合いをさせて頂いております。

⑤ 心に残る上司の一言

常識とは、18歳までに身に付けた偏見の塊である。新しいサービスや商品は、今まで常識としてきたものの殻を破って出てくることから、不可能を可能にしていくという意味でも僕がこれから人生の大半の時間を仕事に費やしていく上で、ベンチャー精神を忘れず、生きていきたいなと思っています。

⑥ 入社をお考えの方へ一言

今後、ご縁があって入社される方々も、「もともとあった会社入ってきた」という感覚かと思いますが、5年後、10年後には、この会社の創業メンバーの一員としてポジションを確立していることと思います。泥臭い努力の甲斐あって出した結果や積み上げた実績が、そのまま自分に跳ね返ってくる会社ですので、今後の自分のために成長をしたい方、心よりお待ちしております。

秋山 恋菜経理部

事務はよく縁の下の力持ちと言われますが、
営業部にそう思われる部署になりたいと思っております。

秋本 恋菜

① 「財務経理部」という仕事とは?

経理部は振込や小口経費の管理、書類の管理等々を行っております。
ミスをしないのが大前提の部署なので、確認を怠らないよう特に気を配っております。
事務はよく縁の下の力持ちと言われますが、営業部にそう思われる部署になりたいと思っております。

② 仕事で大変なこと、楽しいことは?

月末は取引がかなりあるので、処理が終わるまで気が抜けず緊張状態が続くのが大変な事ですかね。
最近任される仕事も増え、不安も増えましたが、何かを任されるというのは嬉しいですし、今よりもっともっと仕事が出来る様になりたい!と思わせてくれるので、今は毎日充実していて楽しいです。

③ どうしてヒューマンライジンに入社したの?

私は短期アルバイトの面接に行ったのがきっかけです。
息子の保育園の関係で時間制限があるのですが、いろいろ相談にのっていただき、自社のアルバイトとして働き始めました。そこから社員の話を頂き現在に至る。という感じです。

④ ヒューマン・ライジンに入ってくる新人さんに向けて一言

ヒューマン・ライジンはまだまだ成長し続けている会社です。
経験がなくても大丈夫。是非、会社と共に成長して行きましょう。



-->

Copyright © 2012 Human-raizin All rights reserved.